負担の少ない、安心の日帰り手術 下肢静脈瘤レーザー治療実績年間700件以上

〒721‐0941
広島県福山市引野町北2丁目8番28号

TEL:084-943-2777

日帰り手術の山本醫院。下肢動脈瘤や、痔、鼠径ヘルニアなどの治療を日帰りで行っています。

いぼ痔のALTA注治療

 

リンク

よくある質問

求人案内

HOME»  いぼ痔のALTA注治療

ジオン注(四段階注射法)について

脱出をともなう内痔核(いぼ痔)に「ジオン注」という注射剤を投与して、痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。成分は硫酸アルミニウムカリウム(出血症状や脱出症状を改善する)・タンニン酸(硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節する)というものです。
また痔核を切り取る手術と違い、痔核の痛みを感じない部分に注射するので「術後の痛みや出血」ということはなく、日帰り手術で通常生活への早期復帰が期待できます。

ジオン注の投与

ジオン注を投与する前に肛門周囲へ局所麻酔を行い、肛門周囲の筋肉を緩め注射しやすくします。
ジオン注はひとつの痔核に対して図のように4箇所に分割して投与します。
これは痔核に薬液を十分に浸透させるための方法で、四段階注射法といいます。
複数の痔核がある場合には、それぞれに投与します。(投与後しばらく経過を観察し、問題なければ帰宅していただきます。)

投与の経過

出血がみられなくなり、脱出や肛門のまわりの腫れがなくなります。

  • 投与後の早い時期に痔核へ流れ込む血液の量が減り出血が止まります。
    脱出の程度も軽くなります。

  • 投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して、脱出がみられなくなります。
    (1週間~1ヶ月)

作用機序

ジオン注の有効成分である硫酸アルミニウムカリウム水和物は、痔核内投与により急性炎症を惹起します。
その炎症修復反応である肉芽形成を経た線維化により、脱出した痔核が硬化・退縮します。
また、投与早期には、硫酸アルミニウムカリウム水和物の血管透過性亢進作用により血液濃縮が生じ、痔核局所の血流量が減少します。
その結果、速やかに出血症状が改善します。
一法、タンニン酸は、硫酸アルミニウムカリウム水和物による過度な急性炎症を抑制し、2次的な組織障害を軽減する働きを担っています。

気をつけること

  • 排便は翌日から可能です。痛みをこわがってがまんしないようにしましょう。
  • 数日間はできるだけ安静にしましょう。力仕事や長時間の同じ姿勢は避け、冷えにも気をつけましょう。
  • 投与後早い時期、血圧低下、嘔気(気持ち悪い、胃のあたりがムカムカする)、頭痛、食欲がないなどの症状がみられることがあります。
    肛門が重いような感じ、排便がしにくいなどの症状は通常数日でなくなります。
    肛門の投与部分(粘膜)が硬くなるといった症状は通常自然に治ります。
    発熱は、投与2週間までに一過性にあらわれることがあります。
    十分に注意し、発熱した場合には早めにご来院ください。
  • ふだんと違った症状があったら、早めにご相談ください。
TOP